TLFとIFFに行ってきました。

先日行われた Tokyo Leather Fair(TLF) と International Fashion Fair(IFF) を見に東京へ行ってきました。
TLFは春・夏もののレザーがほとんどですが、やはり石油高騰のために全体的に値段が上がってます。
革だけでなく副資材も同じですので、厳しく悲しく切なく虚しい状態です。
我が家の台所事情をかなり圧迫しています。
切り詰めた生活をしております。
鞄を買ってく・だ・・さ・・・・・・。
IFFは相変わらすごい人の数で圧倒されるんですが、それだけに出展者のモチベーションも高く面白い商品もあり勉強になりました。
今年は若いクリエイターが多く手作りっぽい物も多かったので楽しかったのですが、日本以外のアジア各国の勢いもあり、物作りという考え方や技術が日本から減ってしまい、中国等のアジア各国の日本産業への進出ぶりに毎年ですが考えさせられます。
製品のレベルも上がってきていますのでウカウカしてられないのですが、今まで商品開発や技術向上などをせずに横着な物作りをしていたメーカーなどがダメになっていき、もっと淘汰されていく事になるでしょう。
それに関わってきたデザイナーや職人も同じです。
同じ文化や考え方の人が使う物ですから、日本人が作った物の方が日本人には使いやすいはずです。
もっとお客さんのニーズや意見もとに製品も考えていかなくてはならないですね。
今回は『ニッポンも物作り』にメスを入れてみました。